2005年04月24日

満月とプラスイオン

今日は満月。
月の見られる時間に差はあれど、満月は世界中どこでも同じはず。

満月の時というのは、実は一番プラスイオンが増える時なんだそうです。

プラスイオンというのは、別名「不機嫌イオン」とも呼ばれるそうで、これが多すぎると、人間不機嫌になってしまうのだとか。
逆にマイナスイオンは別名「ハッピーイオン」。そう、これが多いと人間幸せな気分になるのだそうです。
道理で、マイナスイオンを出す機械が増えてきているわけですね。


イオンというのは、摩擦により起こる物が多いそうで、化繊の下着や服を着込んで動くと、その摩擦でプラスイオンが発生するそうです。
あるいは、タイヤとアスファルトの摩擦でもプラスイオンが発生。
アルプスの近くでは、激しい季節風が吹くと犯罪が増えるのだとか。
気象庁も風の予報を出し、激しい風の予報が出た時は、一刻を争うものでなければ、手術医も手術を中止するという話も読みました。
電磁波もプラスイオンを集めますね。

こうやって、身の回りにプラスイオンが増えすぎてきたので、改めてマイナスイオンの必要性が言われるようになったようです。

マイナスイオンは、水の摩擦で発生するのだそうです。
なので、滝や海辺はいいのですね。
でも、大きな水の固まりの摩擦はプラスイオンを出してしまうそうなので、水が塊で落ちてくる滝壷は、あまり良くないのかもしれません。
それからよく言われる森林ですね。これも、葉の摩擦がマイナスイオンを出すのだそうです。

それでは、身の回りをマイナスイオンで一杯にすればいいのか?というと、これがそうでもないらしく、あくまでもプラスとマイナスのバランスが大事なんだとか。
マイナスイオンが多すぎると、これまた身体に害を与えることもあるということですので、何事によらず"バランス"は大切だということですね。

よく、「満月の日に狼に変身する」「満月の日は犯罪が多い」「満月の日に精神がおかしくなる」・・・などと聞いたことがありますよね?
これはどうやら、このプラスイオンのなせる技なのだとか。

そんなわけで、今日はプラスイオンが増える日です。
狼に変身してしまう前に(^^;)、ちょっと意識してパソコンを消してみるとか(はい>わたし)、水辺や山に出かけるといいかもしれませんね。
でも、満月って、"満月"というだけで、なんだか嬉しいんですよね〜

そして、多分、新月の日が最もマイナスイオンが多い日。
どうやら、石の浄化やエッセンスづくりなどは、新月の方が良いようですよ。
posted by yuu at 10:17| シドニー ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

クレイ+ほんの1滴の毒素排出

もう長いこと"薬"というものを飲んでいなかったのですが、昨年暮れに漢方を試してみたところ、見事に全身薬疹がでてしまいました。
それ自体が体内の毒素を出しているともいえるのですが、約1ヶ月間、夜も眠れない程の全身激しい痒みでかなり大変でした。

その後、ほとんどの湿疹は消えたのですが、一番激しかった脇の下は、湿疹こそないものの、色素沈着状態。
んー、まだ身体の中に少しのこっているかも・・・

で、ふと思いついてクレイパックをしてみることにしました。
本来、異物排出作用はグリンクレイが最も強いのですが、色素沈着して随分荒れてしまった脇の皮膚の回復も図りたかったため、イエロークレイを使用。
そして、毒素排出といえばロータス。

多目のイエロークレイロータスを1滴。
ジュニパーベリー ウォーターで溶いて、脇にパック。
約20分間置いて、あとは、そのままお風呂に入りました。

その日はただすっきりしただけでしたが・・・
翌日、脇に痒みを覚え、見てみると、なんとすっかり消えていたはずの湿疹が復活!?(>_<)
やはり、体内にはまだかなり漢方成分が残っていたようです。
実際に漢方を内服したのは、ほんの1週間ほどだったのですけれど、1日3回ですし、1階の量もそれなりの多かったですので、やはり漢方は強力です。

実は、漢方を飲んだのは、効果を期待する気持ちもあったのですが、漢方そのものに興味を持ち始めていたので、自分の身体でちょっと試してみたかった思いがありました。
15-20年程前に、風邪で処方された漢方は身体に合わず、ひっきりなしに喉が渇き、即刻中止でした。
西洋のハーバルメディスンならぬ、東洋のハーバルメディスンとしての漢方にはとても興味を覚えるのですが、こうも自分の身体に合わないと、いくら勉強しても、なかなか人様には勧められないものです。
すでにコースをとってしまったので、今とったところまでは勉強しようと思いますが、ちょっとその先私自身は使えるかどうか???です。


それにしても驚いたのはロータスの威力です。
たった1滴で、これだけの反応を引き起こすとは・・・

実は、このイエロークレイパックをする前に、グリンクレイだけのパックを一度脇にしていたのです。
そのときは、何の反応も起きませんでした。
何の反応も起きなかった代わりに、皮膚の状態もあまり改善されないので、私的に少し物足りなく感じ、「よし!それなら私の大好きなイエロークレイだ」と思いついたわけです。

エッセンシャルオイルは、ニームを使う手もあったのですが、これは以前"できもの"でその威力を実験済みですし、今回の漢方は、臓器の中にしっかりと入っている感じがしたのでロータスかなと思い当たりました。

フローラルウォーターは、リンパの流れを促進してくれるジュニパーベリー ウォーターを選ぶのは当然として、今回は、値段が高いのでパックにはもったいないかも・・・と思いつつも、ワイルドタイプを。
ワイルドとそうでないタイプのもの、実はものすごく香りに差があります。
はっきり言って、別物です。
ですので、今回のように、はっきりとした目的がある場合は、贅沢にもワイルドを用います。

イエロークレイ 大さじ2杯程度
ロータス 1滴
ジュニパーベリー ウォーター 適量


たったこれだけのレシピでしたが、身体は思わぬ反応を引き起こしてきました。
その後すぐに、ロールオンで作っていた鎮静オイルを塗ったため、湿疹は比較的早く治まりましたが、色素沈着は、ずいぶんちいさくなったものの、まだいくらかのこっています。
本当は、パックのあとの湿疹をしっかりと出してやればよかったのですが、あまりの痒さに思わず鎮静させてしまいました。
自分でもまだ、完全に出きっていない感じがするので、折を見てもう一度、今度はもう少しマイルドに排出を試みるつもりです。


[関連商品]
イエロークレイ
ロータス
ジュニパーベリー ウォーター ワイルド
posted by yuu at 18:22| シドニー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体のアロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ありがとうございました。

"エイプリルフール スペシャル"は終了させていただきました。
読んでいただいた方、お買い物していただいた方、ありがとうございました。

これからも、相変わらず"気まぐれ"に書いて行きますが、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by yuu at 08:11| シドニー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

エイプリールフール 読んで頂いてありがとう スペシャル!

4月1日、このよき日に、このblogをご覧頂いた方へのありがとうスペシャル。

WIZARDでのお買い物が2割引!詳細は下記をよく読んでください。

[詳細]
4月1日24時(日本時間)までにご注文をお送り頂き、
「WIZARDへのご意見・ご要望」欄に「Australiana Aroma Lifeを読んでいます」と必ずご記入ください。
送料無料は、割引後価格1万円以上のお買い上げからとなります。
また、キャンセル、返品はお受けいたしかねますので、ご了承くださいませ。

エイプリルフールではありません。本当です(^.^)
enjoy〜
posted by yuu at 09:03| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。