2008年04月19日

イラン産 ローズ ウォーター

 大好評だったトルコ産ローズ ウォーター。
なんと、生産者が生産終了してしまいました。
それも、突然。

実は、トルコ産の生産終了は、これで2回目です。
小規模での生産ですから、仕方ありませんね。

でも、何とか近い香りのローズ ウォーターをお届けしたい!
・・・ということで、あちこち・・・

 オーストラリアは、比較的あっさりした香りのローズ ウォーターが多いのです。が、日本人は、しっとり甘い香りが好き。ローズと言えば、オイルにもウォーターにも、かなり甘い香りを期待するようです。もっと言うなら、

"アロマセラピー"="いい香り"="甘い香り"

だと思っている方が多いかと。
かくいう私も、最初はそうでした。

 なので、カモミール ジャーマン西洋ジャスミンの香りには、「花なのに・・・」と裏切られた印象を持ったり、バジルなど香辛料系のパンジェントな強い香りが、あまり好きになれなかったり、ましてや"ニーム"なんて、「これはアロマセラピーじゃない」とまで言われてしまうのでした。でも、それぞれの香りには意味があり、役割があります。今ではニームシャンプーなどは、とても人気ですけれどね〜

 今では、芳香のみでなく、様々な方面に使われ始めてきたアロマセラピー。ぜひ、いろんなタイプの香りにも挑戦して欲しいと思っています。

 これまでとはかなり違った香りに出会いたい!と言う方には、アーユルヴェーディック オイルをお勧めしています。
西洋系アロマセラピーのセンスを覆す香りとパワーですよ。
・・・という話は、又今度にして(^_^;)

 WIZARDのローズウォーターも、最初はオーストラリア産のあっさりとしたものを販売していました。が、どうも「香りが物足りない」という声を受け、もっと甘いローズウォーターを探し始めたのです。


 そんなこんなで、大人気のトルコ産ローズウォーターの生産終了を受け、見つけてきたのは、イラン産のローズウォーター
甘さのタイプは、これまでのトルコ産とほぼ同じです。
違いは、グリーンノートが少し強いので、全体としてはむしろ引き締まった感がでて、とても良い♪
香った瞬間「これ!」と思いました。

 先の、フランキンセンスやセントジョンズの値上げに加え、ローズまでもが・・・とショックでしたが、ローズに関しては、むしろこれまでよりも良い香りでお届けできると、嬉しく思っています。

あま〜いけれど、しゃきっとしたイラン産ローズ ウォーター
是非、お試しあれ。


 ・・などと書いておきながら、
出張前のご注文受付は、明日20日で終了させていただきます。
今回は、約2ヶ月の出張となりますので、再開は7月10日です。
ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by yuu at 08:13| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フローラルウォーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。